乳がん検診・乳腺ドッグ│宝塚市 阪急宝塚南口駅より徒歩すぐ むらせ乳腺外科クリニック 女性医師の乳腺外科│超音波検査 マンモグラフィー など

むらせ乳腺外科クリニック
0797-72-1755

乳がん検診・自費乳腺ドック

乳がん検診のご案内

当院は、宝塚市で行っている乳がん検診の指定検診機関となっております。宝塚市から対象の方に送付される乳がん検診のクーポンは当院でご利用可能です。
お電話にて予約を受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

宝塚市乳がん検診の詳細は こちら(宝塚市のサイトへ)

自費乳腺ドックについて

乳腺ドックは自費(保険適応外)になります。
マンモグラフィのみでは発見しにくい乳がんもあり、お勧めはマンモグラフィーと乳腺エコー両方のコースです。

費用については下記となります。

触診+マンモグラフィ
+乳腺超音波検査
(通常お勧めのコース)
9,000円
触診+マンモグラフィまたは
触診+乳腺超音波
5,000円

視触診

乳房全体を目視(視診)、あるいは手で触れること(触診)によって乳房の形、皮膚、乳頭などに異常がないか、またしこりなどができていないかを確認します。
自分では見つけられないような小さなしこりが発見されることもありますので、30歳を過ぎましたら、年に1回、専門医による定期的な検診(視触診)を受けられることを、お勧めします。

超音波検査(乳腺エコー)

診察台の上に仰向けになり、乳房に超音波をあてて、乳房内部からの反射波(エコー)を画像化し、乳腺の状態を調べます。通常、乳腺は白く、がんは黒く描出されます。体への負担はほとんどありません。数ミリ程度の小さなしこりを見つけることにも優れており、その性状も詳しく分かります。妊娠中の検査も可能です。ただし細かい石灰化(カルシウムの沈着)の詳細な観察は困難です。

マンモグラフィー

乳房をX線で撮影する方法で行う乳がん検診機器がマンモグラフィーで、乳房X線撮影装置とも呼ばれます。視触診や超音波検査のみの検診に比べると、概ね2~3倍の確率で乳がんの発見が可能になると言われています。マンモグラフィーは乳がんのしこりや乳がんの可能性がある細かい石灰化の検出・構築の乱れ(正常な乳腺構築のゆがみ)などを検出するのにも優れています。

診療案内
  • 乳がん
  • 乳腺疾患
  • 乳がん検診
  • 当院で可能な検査
  • 予防接種
  • Q&A
診療案内
© むらせ乳腺外科クリニック

ページ
TOPへ