予防接種│阪急宝塚南口駅より徒歩すぐ むらせ乳腺外科クリニック 女性医師の乳腺外科│インフルエンザワクチン 肺炎球菌ワクチン

むらせ乳腺外科クリニック
0797-72-1755

予防接種

予防接種とは

当院は予防接種として、インフルエンザと肺炎球菌のワクチン接種を行っております。ワクチン接種とは、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチン(抗原物質)を接種することで免疫をつけます。これにより、特定の病気に感染しにくい状態にし、万一その病気になったとしても軽くなるように行われるものです。そのほかのワクチン接種をご希望される方は、お気軽にご相談ください。

ワクチンとは

感染症の原因とされる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらを無毒化したりすることでつくられるのがワクチンです。

これを体内に注入することで、抗体(病原体と結合し、それを体内から除去するように働くたんぱく分子)をつくらせ、当該感染症に罹りにくくし、また重症化を防ぐことができるようになります。そのほかにも、感染症の流行を阻止する(集団免疫)という目的で行います。

当院で実施しているインフルエンザと肺炎球菌のワクチン接種についての詳細は以下の通りです。

インフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症がインフルエンザです。同ウイルスに感染すると1~3日くらいの潜伏期間を経た後に発症し、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。併せて風邪の症状と同じように、喉の痛み、鼻水、せきなどの症状もみられます。子どもであれば痙攣や中耳炎、ごく稀に急性脳症の症状も現れます。また高齢者や基礎疾患をお持ちの方では肺炎を併発するなど、重症化することもあります。
このようなインフルエンザを予防する手段のひとつに流行前のワクチン接種があります。なお、インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変える特徴があり、毎年異なるタイプが流行します。それに対抗するためにも、予防接種は毎年行う必要があります。
インフルエンザの予防接種を行ってもインフルエンザの感染を防ぐことは困難です。しかし、予防接種をうけていると、感染した場合でも発症しなかったり、発症されても症状が本来よりも軽く済む可能性があります。 接種後、2週間~5ヵ月程度の間効果が持続すると考えられています。流行が始まる12月中旬頃までに接種するよう心がけてください。

肺炎球菌ワクチン

肺炎は日本人の死亡原因の第3位で、なかでも高齢者や基礎疾患を持っている方などが罹りやすく、高齢になるに従って死亡率が上昇する傾向があります。
肺炎予防の一つに肺炎球菌のワクチン接種があります。肺炎の原因菌は様々ありますが、最も多いと言われているのが肺炎球菌(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)です。この肺炎球菌ワクチンを接種することで、肺炎球菌による肺炎などを予防するほか、重症化を防ぎます(肺炎球菌ワクチンはすべての肺炎を予防できるわけではありません。接種後も、うがい・手洗い・口腔衛生など日常生活上の予防対策は怠らないでください)。
また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うと、肺炎予防の強化につながります。そのため、肺炎予防には、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。
なお、高齢者肺炎球菌予防接種は、「定期」予防接種です。定期対象年齢(65歳)に該当し、過去に接種歴のない方、または60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器または免疫の機能などにより、身体障害者手帳1級相当の方(過去に肺炎球菌ワクチンを接種した方は除く)は、「定期費用助成」対象者となります。詳細は宝塚市のホームページをご覧ください。
※肺炎球菌ワクチンは接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。

スタッフ募集
診療案内
  • 乳がん
  • 乳腺疾患
  • 乳がん検診
  • 当院で可能な検査
  • 予防接種
スタッフ募集
診療案内
© むらせ乳腺外科クリニック

ページ
TOPへ